NEWS LETTER CHANDON ROSE SPRING EDITION 2020
32476
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-32476,qode-social-login-1.1.3,qode-restaurant-1.1.1,stockholm-core-1.2.1,select-child-theme-ver-1.1,select-theme-ver-5.2.1,ajax_fade,page_not_loaded,vertical_menu_enabled,paspartu_enabled,menu-animation-line-through,side_area_uncovered,wpb-js-composer js-comp-ver-6.1,vc_responsive,elementor-default

CHANDON ROSÉ SPRING EDITION 2020

MOTHER がコラボレーションパートナーとしてデザインを担当した、MHD モエ ヘネシー ディアジオ社 プレミアムスパークリングワイン「CHANDON(シャンドン)」の、日本限定ボトル「シャンドン ロゼ スプリング エディション 2020」が発売されました。

コンセプトメイキングからボトルデザイン、キービジュアルに至るまで多岐にわたりディレクションをしたプロジェクトは、平安時代からインスパイアされた特別なデザインで展開されています。

HEIAN × CHANDON

日本の伝統的な慣習である「お花見」、そのルーツは平安時代に由来すると言われています。彼らは春の到来を祝い、花の息吹を感じて「花宴(はなのえん)」という行事が催されるようになり、現代のお花見と同じく、桜を愛でる習慣が始まっ たとされています。現代の宴を平安時代に投影したデザインは、日本の伝統とシャンドンのモダンさの融合を表現しています。

シャンドンの伝統的で革新的な精神を表現するために、平安時代の着物を着た女性たちは、ワイングラス片手に、現代と同じ様に楽しんでいます。

また絵巻のようにぐるりと絵は繋っており、春風に揺れる着物のドレープはあらゆる角度からボトルを美しく見せ、それぞれ違った豊かな表情を見せます。

ボトルの中央にあるカラフルかつモダンな扇は、シャンドンの高品質でシャープな口当たりと、春の光のプリズムをイメージしています。

シャンドン片手にはしゃぐ女性の姿はイキイキとし、少し物憂げな姿はしなやかで、エレガントな佇まいを醸し出しています。

ABOUT CHANDON

シャンドンは、モエ・エ・シャンドンが、フランスのシャンパーニュ地方と同じ伝統的な製法とブドウ品種で、卓越したオーストラリアのスパークリングワインを生産するために1986 年に設立したブランドです。革新的な精神と卓越した血統により、シャンドンはユニークで刺激的な、表情豊かなスパークリングワインのベンチマークを形成しています。

2020 年3 月20 日~ 4 月19 日(日)に 東京ミッドタウンにて開催を予定しておりましたCHANDON Blossom Lounge は、新型コロナウイルスにおける政府の対策基本方針決定を鑑み、感染拡大の防止および来場者の安全を考慮し、開催を中止することにいたしました。大変残念なお知らせとなりますが、是非限定ロゼボトルと共にご自宅で春の訪れをお楽しみください。